神戸ミート倶楽部

神戸ミート倶楽部 | 神戸北野ハンター坂に直営レストラン【神戸ビフテキ亭】をオープン!!

神戸ビフテキ亭へのご予約お問い合わせは下記までお願い致します。
■TEL : 078-261-8829    ■電話受付時間:15:00~21:00
(注)ランチ営業中は、お客様のサービスに専念する為、ご予約・問い合わせ・ご連絡等のお電話に出れません.
受付時間内にお願い致します

和牛うんちく 

神戸食肉市場で牛肉をセリ落として早25年。
格付けだけに頼らず、長年の経験によって培われた目利きにより、ずらーっと並んだ枝肉から、好みの枝肉をチェックし、肉質、肉厚、脂質などなど、しっかり見定めてから、セリに挑んでおります。

店長日記はこちら >>

HOME»  CONTENTS»  牛肉の格付け

牛肉の格付け

牛肉の格付け

―おいしさの目安―

牛肉は(社)日本食肉格付協会によって格付が行われています。
これは取引をする場合の目安となります。
ただ、格付けが高いからといって競りで高値がつくわけではありません。
肉質、脂質等、全体的なバランスで競り落とされるのです。
すなわち一頭一頭違うのです。

牛肉の格付けには2つの等級が使われます。1つは歩留(ブド)まり等級、もう1つは肉質等級です。歩留まり等級はA、B、Cの3段階に分かれておりAが最も良く、肉質等級は5、4、3、2、1の5段階に分かれ5が最も良い等級となります。

●歩留まり等級  高 A-B-C 低
生体から皮、骨、内臓などを取り去った肉を枝肉(エダニク)といいます。 このとき生体から取れる枝肉の割合が大きいほど等級が高くなります。 つまり同じ体重の牛でもたくさんの肉が取れる方が良いということです。

●肉質等級  高 5-4-3-2-1 低
まず「脂肪交雑」、「肉の色沢」、「肉のしまりときめ」、「脂肪の色沢と質」の4項目について評価が行われます。 そして4項目の総合的な判定から最終的に肉質等級が決定します。 ではそれぞれの項目は何を表しているのでしょうか。
最初に「脂肪交雑」ですが、これは霜降の度合いを表しています。 BMS(ビーフ・マーブリング・スタンダード)という判定基準があり、これによって評価されます。
「肉の色沢」は肉の色と光沢を判断します。 「脂肪交雑」と同様に、肉の色にはBCS(ビーフ・カラー・スタンダード)という判定基準が設けられています。 一般的に鮮鮭色が良いとされています。 また光沢については見た目で評価されています。
「肉のしまりときめ」は見た目で評価されます。 肉のきめが細かいと柔らかい食感を得ることが出来ます。
最後に「脂肪の色沢と質」ですが、まず色が白またはクリーム色を基準に判定され、さらに光沢と質を考慮して評価されます。

実際の表示では2つの等級を組み合わせてA-5、B-3というように表示しています。歩留まり等級が3段階、肉質等級が5段階ですから牛肉の等級は全部で15段階あることになります。
最高ランクであるA-5に評価される牛肉はほぼすべてが和牛です。といっても育てられた和牛のほとんどがA-5と評価されるわけではありません。ごく少数の選び抜かれた牛だけが最高のランクとなるのです。割合でいくと約15%でしかありません。また交雑種がA-5、B-5になることもありますが非常にまれなケースです。一般的に和牛はAクラスに、その他の牛はBクラスに評価されることが多いです。 つまり和牛は1頭から多くの肉を得ることができ、肉用牛として最適な牛であると言うことが出来ます。
食肉卸会社直営*黒毛和牛肉専門のレストラン
神  戸  北  野  ハ  ン  タ  ー  坂

──  ランチ  ──

平 日
 11:30~14:30(LO)
土・日・祝
 11:00~16:00(LO)

──  ディナー  ──

平 日
 18:00~21:30(LO)
土・日・祝
 16:00~21:30(LO)
神戸ビフテキ亭tel078-261-8829

TEL 078 - 261 - 8829

神戸市中央区中山手通2丁目13-12 ランドマークビル神戸5F
年 中 無 休